「東日本大震災復興支援 商品企画」の実施~エフコープ

2015年5月20日

エフコープ(本部・福岡県)では、「東北にゆかりのある商品を利用することで、復興支援につなげたい」
という思いから,2015年2月と3月に「東日本大震災復興支援商品企画」を実施しました。

2月は、宮城県塩釜の藻塩を使った「藻塩パピロ」と、「岩手県産さばオリーブオイル漬け」
の商品を企画しました。

3月は、コープ九州ならびに各会員生協とともに、「「仙台麩(あぶら麩)スライス」や「かもめの玉子ミニ」
「いわて真崎カットわかめ」など17点を企画し、多くの方にご利用いただきました。

 

わかめ.pngのサムネイル画像

 

2月に企画した2商品についてはご利用点数1点あたり5円を募金とし、コープふくしまとみやぎ生協が取り組む
仮設住宅集会所でのサロン活動で使用していただく、福岡県の銘菓の購入に活用しました。
銘菓の購入にあたっては、組合員の区域委員会にて推薦していただいた候補商品をもとに、
復興支援実施チーム会で選定。区域委員会から寄せられたメッセージカードを添えて、両生協へお送りしました。

集合写真.JPG

今後もエフコープは、東日本大震災の復興支援活動に取り組んでいきます。